タラソテラピーについて

伝統ある海洋療法 ~タラソテラピー~

ボーテタラソセルアクティブトリートメントは、伝統と格式高いタラソセラピー(海洋療法)を検証し、新しい海洋療法としてボヌールエボーテが開発した認定ハーバリストのみが行える最新タラソセラピーメソッドです。
タラソテラピーのイメージ画像

タラソテラピーとは…

タラソセラピー(海洋療法)とは、ギリシャ語の「タラサ」=「海」とフランス語の「テラピー」=「療法」からなる造語であり、1867年にフランス人医師、ボナルディエールによって名付けられました。
発祥の地としてフランス、ブルターニュ地方が有名です。
日本語訳では海洋療法と訳され、フランスでは延べ250万人が施設を利用するほど、一般的に認知された自然療法です。

着目した海洋療法

*ハイドロセラピー

温海水の入浴などによる皮膚や筋肉への刺激により、循環機能(血流、リンパの流れ)の促進や、自律神経の調整を目的とした療法。
*アルゴセラピー
温めた海藻のペーストを体に直接塗ることにより、体を温めて老廃物の除去、痛みの緩和を促す療法。
*ビューティートリートメント
海水の持つミネラル成分を用いた化粧品を使って、ボディラインを整えたり美肌を保つ療法。
 
上記療法を日本人の肌向けにボヌールエボーテの有する最新化学と融合させ、複合的に1度の施術で実践できるよう構成したのがボーテタラソセルアクティブトリートメントです。さらに大地のミネラルを調べ上げ世界中から厳選した3種(溶岩・古代の地層・中世の層)を特殊ブレンドしております。その独創性は美容業界から高い評価を得ています。
 

ボーテタラソセラクティブテクノロジー

“不死の花”エリンジュームの幹細胞を使用

タラソセラピー発祥の地、ブルターニュの海岸線に生息する"不死の花"といわれる始生植物エリンジューム。
その幹細胞を培養し、新鮮なままフリーズドライにした特殊な原料をボーテタラソセルアクティブトリートメントに使用するマスクに配合しています。
細胞外マトリックスの保護、合成促進、表皮・真皮ジャンクション保護強化など、素晴しい作用があるといわれています。
 

複数の植物幹細胞の導入

植物幹細胞を種配合植物の有効成分を科学する中で、高度な技術を用い、植物の幹細胞を培養、処方することが大変注目されています。(腐らないリンゴ等) 
ボーテタラソセルアクティブトリートメントにより、"不死の花"の幹細胞だけでなく、複数の幹細胞を導入※できます。 
※角質層